倶楽部規約

メロウ倶楽部の規約

任意団体 メロウ倶楽部・規約

第1章:総 則

第1条:本任意団体は、メロウ倶楽部と称する(以下、本会と略称する)。

第2条:本会の目的は、次の通りとする。
(1)会員相互の親睦を図り、ネットを通じて生き甲斐のある豊かな生活の実現を目指すと共に、社会の発展に寄与すること。
(2)本会の特定非営利活動法人(NPO)化への準備を進めること。

第3条:本会の事務所を会長宅に置く。

第2章:会員

第4条:本会の会員は次の通りとする。
(1)正会員 本会の目的に賛同し、入会した個人。
(2)賛助会員 本会の目的に賛同し、本会を援助する個人または法人。

第5条:本会に入会しようとする者は、会長宛てに所定の入会申込書を提出し、承認を得なければならない。

第6条:正会員は別に定める会費を納入しなければならない。

第7条:会員資格は、前2条の要件を満たしたときに取得する。また、会員は次の事由によって、その資格を喪失する。
(1)退会したとき。
(2)死亡し、または会員である法人が解散したとき。
(3)除名されたとき。

第8条:会員が退会しようとするときは、その理由を付した退会届を会長に提出しなければならない。

第9条:会員が次の各号の一つに該当するときは、当該会員に弁明の機会を与えた上で、幹事会の議決を経て、会長が除名することが出来る。但し、会長はその直後の総会に、その旨を報告するものとする。
(1)本会の名誉を傷付け、または本会の目的に違反する行為(例えば、本会会員の立場を、自らの営業行為に利用するなど)があったとき。
(2)本会の会員としての義務に違反したとき。

第10条:退会に当たって、当該会員が既に納入した会費その他の拠出金品は、これを返還しない。

第3章:役員

第11条:本会に次の役員を置く。
(1)幹事 25名以内。このうち、会長1名、副会長若干名、常任幹事1名に充当する。
(2)監査役 2名
但し、上記以外に、会長が幹事会の同意のもとで、名誉会長1名、顧問若干名を、会員中の適任者に委嘱することが出来るものとする。名誉会長、顧問は、幹事会などの場で、随時、意見を述べることが出来るが、幹事でない場合は、幹事会での議決権は有しない。

第12条:幹事および監査役は総会において正会員の中から選出し、会長、副会長、常任幹事は幹事の互選とする。また、総務、会員、会計、広報、法務、事業、出版、教育講習などの会務を執行する担当幹事は、幹事会の同意を得た上で、幹事の中より常任幹事が指名するものとする。

第13条:各役員は、次の業務を行う。
(1)会長は本会を代表し、会務を統括する。
(2)副会長は会長を補佐し、会長に事故ある時はその職務を代行する。
(3)常任幹事は会長および副会長を補佐するとともに、事務局の責任者として本会の活動を統括する。
(4)担当幹事は、常任幹事の指示のもとで、定められた会務を執行する。
(5)幹事は幹事会に参画し、会務の執行を決定する。また、必要により、常任幹事の指示により、会務の執行を分担する。

第14条:監査役は本会の会務と財産に関し次の各号に定める業務を行う。
(1)本会の会務と財産の状況を監査する。
(2)監査の結果についてこれを幹事会および総会に報告する。
(3)前号の報告をするために必要があるときは、幹事会または臨時総会の招集を請求する。

第15条:本会の役員の任期は2年とし、再任はこれを妨げない。
また、役員が、任期が満了したとき、または辞任したときは、後任者が就任するまで、前任者が引き続きその職務を遂行するのを原則とするが、それが困難な場合は、その間の職務代行者を会長が指名出来るものとする。尚、期中において幹事欠員のため、業務の遂行に支障が生じる場合、総会の議決に代えて、幹事会の議決で欠員の補充が出来るものとする。但し、その任期は、補充直後の総会開催日までとする。

第16条:役員が次の各号の一つに該当するときは、総会の決議により解任することが出来る。
(1)心身の故障により職務の遂行に耐えられないと認められるとき。
(2)職務上の義務違反その他役員として相応しくない行為があると
認められたとき。

第4章:会議

第17条:本会の会議は、総会および幹事会とする。
総会は通常総会および臨時総会とし、総会は正会員をもって構成し、幹事会は、幹事をもって構成する。

第18条:総会は本会の最高議決機関とし、この規約に別に定めるもののほか、次の事項を議決する。
(1)事業計画および収支予算
(2)事業報告および収支決算
(3)その他本会の運営に関する重要な事項

第19条:幹事会は、この規約に別に定めるもののほか、次の事項を議決する。
(1)総会に付議すべき事項
(2)総会が議決した事項の執行に関する事項
(3)その他総会の議決を要しない会務の執行に関する事項

第20条:会議の開催は、次の定めによる。
(1)通常総会は会計年度末から90日以内に開催しなければならない。
(2)臨時総会は、幹事会が必要と認めたとき、または、正会員の3分の1以上もしくは監査役から会議の目的を示して請求があったときに開催する。
(3)幹事会は、会長が必要と認めたとき、または幹事の3分の1以上から会議の目的となる事項を示して請求があったときに開催する。
(4)総会および幹事会は、一堂に会することを原則とするが、パテイオなど適切なオンライン上の会議を持ってこれに代えることも出来るものとし、その要領は別途定める。

第21条:会議は会長が招集する。
会議を招集する場合は、構成員に対して議題など会議の目的とする事項、およびその開催要領を記載した電子メールをもって、開催の2週間前までに通知しなければならない。但し、幹事会については会長が緊急に開催する必要があると認めた場合はこの限りでない。

第22条:総会の議長は会長がこれにあたり、幹事会の議長は常任幹事がこれにあたる。

第23条:各会議は、それぞれの構成員の2分の1以上の出席がなければ開会することが出来ない。

第24条:各会議は、この規約に別段の定めがある場合を除き、出席者の過半数をもって決し、賛否同数のときは議長がこれを決する。

第25条:やむを得ない事由により、会議に出席出来ないものは、委任状を提出することにより、代理人を指名して表決を委任することが出来る。委任状は電子メールにより、会長または会長が指定する宛先に提出するものとし、その様式については幹事会において定める。

第5章:資産及び会計

第26条:本会の資産は次に掲げるものをもって構成する。
(1)会費
(2)寄付金品
(3)その他の収入

第27条:本会の資産は会長が管理し、その管理方法は幹事会の議決により定める。

第28条:本会の収支予算は 総会の議決を経て定める。但し、総会の議決の日までは前年度の予算を基準として執行する。収支決算は、年度終了後90日以内に収支決算書等必要な書類とともに監査役の監査を経て総会の承認を得なければならない。

第29条:緊急に予算の更正または補正の必要が生じたときは、幹事会において決定することが出来る。但し、次期総会の承認を得なければならない。

第30条:本会の会計年度は毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

第6章:事務局

第31条:本会の事務を処理するため事務局を置く。
事務局は、常任幹事および担当幹事をもって構成し、常任幹事が事務局長としてこれを統括する。また、必要により専従乃至非専従の事務局員を置くことも出来るものとし、その詳細は幹事会において定める。

第7章:雑則

第32条:この規約の改定は総会の議決を経て行う。

第33条:本会は総会において正会員の4分3以上の同意を得て解散することが出来る。解散に伴う残余財産の処分は、幹事会で協議の上、総会の議決を得て決定する。

附 則

(1)本会の設立当初の役員は、第15条の定めにかかわらず、その任期は設立総会において選任された日から平成14年3月31日までとする。
(2)本会の設立年度の会計年度は、第30条の定めにかかわらず、設立の日から平成13年3月31日までとする。
(3)本会は、将来、状況が整った段階で、非営利活動法人(いわゆるNPO法人)化を図るものとし、その段階で、必要により当規約も改定されるものとする。

以上

1999年11月8日 制定
2000年8月20日 改訂
2001年5月9日  改訂
2003年5月12日 改訂
任意団体 メロウ倶楽部