HOME > 総合メニュー > 倶楽部講演会 > 第21回講演会
WEBアクセシビリティ対応

活動報告(25)

メロウ倶楽部第21回講演会

日時: 2007年5月26日(土曜日) 午後3時〜午後5時

会場: 東京都台東区生涯学習センター 3階
        304、305号会議室

講演: 「―広告マーケッターが考える―
        団塊世代の特徴とアプローチ方法」

講師: 株式会社 電通 消費者研究センター 消費者研究室
       プランニング・ディレクター
             四元 正弘 氏

参加者: 29名


3時定刻に司会のマーチャンより、開会が宣言され、自己紹介の後、あんみつ姫会長より、開会のことば、講師紹介があった後、講演に入った。
 (コンセプトや例示は、すべて会場では実物の写真で説明された)

講演会要旨

1.団塊世代は1000万人の巨大市場

昭和22年〜24年生まれの人、第一次ベビーブーム

2.団塊世代の著名人

井上陽水、小和田正、北野武、村上春樹、いしだあゆみ、安藤和津、栗原はるみ など

3.マスメディア、マスカルチャーとともに育った新スタンダードの作り手

小学生時代:力道山、長島茂雄、名犬ラッシー、ダンボ、ゴジラ など
中学生時代:コカコーラ日本上陸、赤胴鈴之助、月光仮面、怪傑ハリマオ
高校生時代:グループ・サウンズ、ビートルズ、加山雄三、東京オリンピック
大学生時代:集団就職全盛期、大学紛争、ミニスカート、
社会人:ウーマンリブ、三無主義、イージーライダー、アンノン族

4. 人生のシフト期に差し掛かった団塊世代〜経済的・時間的余裕を実感

子育てからの解放、経済・時間・気持ちの余裕

  60歳前後のビッグ・チェンジ

1) 家族形態:夫婦2人の世界
2) 経済事情:収入のピークは50歳代後半、支出のピークは40歳後半〜50歳代前半。50歳代後半から急に経済的に余裕ができる。

       退職金:平均2000万円
       貯蓄額:4000万円超
3) 就業事情:85%は今後も仕事をしたい。

5. 「自分志向」な団塊世代が誘う新シニアマーケット 〜欲しいのは「自己実現」

1) 団塊世代の「自分志向」@自己中心的
  好き嫌いがハッキリしている。自由奔放。指示受けが嫌い
2) 団塊世代の「自分志向」Aアンチ正当・伝統
  「勤勉」「忍耐辛抱」「つつましさ」に対して、冷ややか。

6. 気持ちが自分に向っている団塊世代

「子育て」よりも「自分つくり」

7. 団塊世代の退職は団塊世代消費の起爆剤

団塊世代退職の消費インパクト:波及効果を含め15兆円

8. 新シニアマーケットを刺激する10の自己実現テーマ

「おとな」という新ステージ

「おとな」になってから、とコンセプトな雑誌、続々誕生。
「おとなの英会話」「おとなからの化粧品」
「自分ご褒美」:サライは、こう旅をする。
「おやじバンド」ブーム、往年の名機復活(乗用車、オーディオ機器など)

9. 「リアル・シンプル」という生き方を選ぶ

1) 「夫婦単位」の生活を前提にシンプル・コンパクトな住居に住み替え。
2) 「高質」だが「シンプル」な団塊世代の食卓志向

10. LOHASマインドでライフスタイルの質的改善

LOHAS:Lifestyles of Health and Sustainability

 例:塩分・油をカットする「過熱水蒸気の調理器」、健康維持飲料
   老化予防商品、光熱費ゼロ住宅、ヨガ・ティラピス など

11. 「もう、一華!」欲求で、アクティブライフの実現

歳を重ねるからこそ、かえって男もお洒落を
美は女性の永遠の憧れ
海外ロングステイで新生活
知り合い系コミュニティ

12. 「お二人さまセット」で行動範囲を広げる

夫婦を主体としてアプローチ:

夫婦単位で割引、団塊夫婦対象商品の広告増加
リフォームで夫婦で切り盛りする店出現

親子を主体としてアプローチ

娘とならばトライできる衣装の提案

13. 夫の「家事ヤル」(カジュアル)ライフで、パートナーシップ確認

男たちよ、家事を遊ぼう
夫婦で作ろう、健康計画
男の料理教室ブーム

14. 「おとなの一人時間」は、人生リスタートの好機会

地下室ホームシアター
一人旅で自分だけの非日常空間を演出

15. 団塊の自負心が生む「ネオ和」テイスト

アジアン趣向まで取り入れて、「ネオ和」のお洒落な世界は日本の伝統を超えて拡大する
 例:苔球盆栽、デザイナーズお香立て、デザイナーズ旅館
セルフイメージは「一回り若い」(シニア扱いにしては絶対にダメ)
 例:大好きな曲を通じて、あの時代を思い出して下さい。
    (吉田拓郎&かぐや姫:Concert in つま恋 2006 )の広告
シニア層は括られるのを好まない(シニアコミュニケーション CEO)
実際、シニア向け商品とすぐに判る商品をシニアの74%は買ったことがない(日経調査、2004.3.4 日経新聞より)

16. 願望で切り分ける団塊世代・6つのグループ

海外志向
全方位アグレッシブ
にぎやかな生活
スローライフ
社会貢献
面倒回避

生活態度、趣味、所有する車の車種、などからこの6グループのどれかに
組み入れ、商品販売に関しては、その性格に沿ったアプローチを展開する。
この6グループは3方向に分類される。

1) ハッピーリタイア組(40.1%) 

賑やか生活(15.3%)、海外生活(9.8%)、スローライフ(14.0%)

2) チャレンジャー(37.7%)

社会貢献(28.5%)、全方位アグレッシブ(9.2%) 

3) 面倒回避(23.3%) 

各グループの平均的資産、家庭環境、人生に対する考え方の傾向なども詳細に紹介された。


講演後、マーチャンの司会で活発な質疑応答があったが、時間切れとなり、質問は懇親会に持越された。
マーチャンから謝辞と閉会のことばがあり、講演会は予定通り終了した。


懇親会:会場に近い中華レストラン個室で、楽しいひと時を過ごした。

(記録:多摩のけん、 写真提供:白兎山人さん)

講演会&懇親会 風景

講演会と懇親会

司会・進行をするマーチャン

開会のことば、講師紹介をするあんみつ姫さん

講演中の四元講師

講演会のようす

真剣に聞く参加者

懇親会での四元講師

懇親会風景-1

懇親会風景-2

懇親会風景-3


講演会目次へ戻る