@





       
ENGLISH
運営団体
メロウ伝承館プロジェクトとは?
記録のメニュー
検索
その他のメニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

「描き残したい昭和(新見 睦)」から 社会 37 椎名町の酒屋さん

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

編集者

通常 「描き残したい昭和(新見 睦)」から 社会 37 椎名町の酒屋さん

msg#
depth:
1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2016/7/1 7:08
編集者  長老 居住地: メロウ倶楽部  投稿数: 4294

 椎名町の酒屋さん  1954年

 昭和29年頃、豊島区椎名町。駅前通りの酒屋さん。あざやかな手さばき。味噌を天秤ばかりで量ったあと、しゃもじを「えい!」と投げ味噌樽に投げ入れる。正確にしゃもじが味噌の山に突き刺さる。経木にのった味噌はこれも鮮やかにくるみ「はい、おまちど」しゃもじですくった味噌の量も丁度頼んだ200匁。ちょっと多いと「えい、おまけだ」。醤油や酢、大豆油を買う時には酒屋さんに瓶を持っていく。酒屋さんのにおいは味噌・醤油・酢・油・酒それと乾物などの混ざったにおいが漂う。懐かしいにおいだ。思い出す事の出来るにおいです。


  条件検索へ