@





       
ENGLISH
運営団体
メロウ伝承館プロジェクトとは?
記録のメニュー
検索
その他のメニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

「描き残したい昭和(新見 睦)」から 家庭 43 天井はネズミの運動場

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

編集者

通常 「描き残したい昭和(新見 睦)」から 家庭 43 天井はネズミの運動場

msg#
depth:
1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2016/4/27 7:54
編集者  長老 居住地: メロウ倶楽部  投稿数: 4294

 「天井はネズミの運動場」  1947年

 昭和22年(1947年) 天井のふし穴から下を覗き込むネズミ。寝静まったとみるや運動会を始める。「バタバタ」「チューチュー」。安眠は妨げられたが毎日のこと。だんだん気にならなくなる。台所でもガサガサ音が。芋やニンジンを狙って寄ってきている。翌日芋を見るとネズミのかじった歯跡がある。戦後物のない時期。勿体ないから捨てないで歯跡の部分をこそいで食べた。どこの家でもネズミには閉口した。人の住むところ寄り添ってくるネズミ。人とネズミが共生する生活は仕方がなかった。


  条件検索へ