@





       
ENGLISH
運営団体
メロウ伝承館プロジェクトとは?
記録のメニュー
検索
その他のメニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

「描き残したい昭和(新見 睦)」から 家庭 42 足の裏は象の足のよう

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

編集者

通常 「描き残したい昭和(新見 睦)」から 家庭 42 足の裏は象の足のよう

msg#
depth:
1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2016/4/26 6:53
編集者  長老 居住地: メロウ倶楽部  投稿数: 4294

「足の裏はゾウの足のようだった」 1953年

 下駄やゴム草履をはいていた。駆け出すときははだし。履き物は邪魔なのだ。足の裏はカチカチの硬い皮になっていた。砂利道でも石ころの川原でも痛くなかった。お風呂屋さんに行くときは軽石を持っていって、足裏の角質を削り取った。


  条件検索へ