@





       
ENGLISH
運営団体
メロウ伝承館プロジェクトとは?
記録のメニュー
検索
その他のメニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

昔、昔の怖かった旅の思い出 (不虻 )

投稿ツリー

  • 通常 昔、昔の怖かった旅の思い出 (不虻 ) (編集者, 2009/2/6 16:17)

このトピックの投稿一覧へ

編集者

通常 昔、昔の怖かった旅の思い出 (不虻 )

msg#
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2009/2/6 16:17
編集者  長老 居住地: メロウ倶楽部  投稿数: 4294

 昔昔、大正13,4年頃、私が3~4歳、つまり八十数年前の話です。
 軽井沢から草津温泉まで電車が開通したのは大正15年9月のこと、それまでは草津から3里(約12km)程離れた嬬恋の三原と言うところまで電車で、後は馬に乗っての旅でした。

 写真のように炬燵の櫓の様なものを馬の背に載せ、それに乗っていくのです。
 何故祖母と二人が、そう言う馬に乗って三原から草津まで、しかも夜帰ったのかは、全く覚えがありません。
 兎も角暗い夜道を、灯りといえば馬子が持っている提灯一つの夜道を祖母と二人、馬に揺られ、怖かったことだけを覚えているのです。「怖いよ、おばあちゃん!怖い!」と泣きべそをかきながら帰りました。

 後年になってから思いついたのですが、あの情景はゲーテの詩、「魔王」そのものでした。












  条件検索へ