HOME > 総合メニュー > 活動報告総覧(イベント情報) > メロウ倶楽部・日韓交流会2011
WEBアクセシビリティ対応

日韓交流会ロゴ


2011年度 第11回日韓交流会は下記の通り開催されました


4月4日(月) 成田空港から、5日(火) 博多港から慶尚南道釜山市へ到着


4月5日(火) 交流会及び懇親会


       午後3時より 交流会

       午後6時より 懇親会

        場所 韓国慶尚南道釜山市 釜山ホテル
        参加者 韓国元老坊 KJ−Club 46名 メロウ倶楽部 18名 


4月6日(水) 終日 慶州市郊外及び市内観光


4月7日(木) 午前中 釜山市内観光  午後 帰国

 

はじめに

今回の日韓交流会は、開催直前の3月11日、東日本大地震が発生し、多くの方々が被災さ れるという時期にあたってしまいました。メロウ倶楽部の会員の中には、幸い身体的な被害 を受けた方はおられませんでしたが、かなりの物的被害等を受けた方がおられて、若干名の 方々が参加を見合わせる結果となりました。

KJ−Clubからは、日本現地のTVや新聞報道などをご覧になって、お見舞いの言葉を かけていただき、又心配されて、今回の交流会を見送ってはどうかとの提案をうけましたが、 恒例となったこの日韓の交流会に、我々メロウ倶楽部の会員が元気な姿で参加することが、 日韓双方のメンバーに対し勇気を与え又与えられることになると判断し、予定通り参加する こととなりました。

困難を乗り越えての参加に、KJ−Clubの皆様方の心からの温かい持てなしを受けて感 動の連続の交流会でした。心から感謝申し上げます。

4月4日成田空港より及び5日博多港より釜山へ

主に、4日発の成田グループ(航空機)、5日早朝発の九州グループ(高速船ビートル、一部関東・ 北陸から前夜に合流)に分かれ、それぞれ釜山に無事到着。各グループは、金海空港、釜山港旅客タ ーミナルでKJ−Clubの暖かいお出迎えを受け、1年振りの再会ということもあって、感激で スタートしました。

4月5日(火) 午後 第11回日韓交流会と懇親会

<交流会> 午後15時から17時まで   司会: 呉景煥(garish) KJ-Club総務

2011年4月5日、恒例の韓日親善交流会も今回第11回を迎え、交流会は韓国釜山ホテル 3F、コンベンションルームで開催されました。

開会に先立ち、韓国の国家斉唱 日本の国家斉唱、そして被災者への黙祷と、日本への優しい 思いやりに感謝しました。

  開会のあいさつ 韓国側 金學道(harto) KJ−Club会長
             日本側 亀井威夫(KAME) メロウ倶楽部会長
  祝辞             李寅圭 元老坊会長

あいさつ 金學道(harto)KJ−Club会長 あいさつ 亀井威夫(KAME)メロウ倶楽部会長
 あいさつ 金學道会長               あいさつ 亀井威夫会長

祝辞 李寅圭 元老坊会長 司会 呉景煥(garish)KJ−Club総務
 祝辞 李寅圭元老坊会長               司会 呉景煥総務

今回の交流会は、東日本大震災のために開催が危ぶまれた。韓国側からは日本側に たいして、本会の中止の打診もあった。そんな背景の中での開催であったから、 先方の金學道会長の挨拶は日本側へのお見舞いの言葉で始まった。挨拶の中で、 避難者たちが、中には肉親を失った人もいるにもかかわらず、じっと耐えて、 しかも譲り合いをする姿に感激したと話された。

日本側の亀井威夫会長から謝辞があったが、ご本人のお人柄を感じさせる、 しみじみとしたものであった。

  講演  「U−City釜山 ー韓国を代表するユビキタス社会を構築した事例ー」
       釜山市庁情報企画担当
  講演  「新ICTのメロウ倶楽部の活動への応用」 メロウ倶楽部 GRUE副会長
  講演  「シニアのこころと暮らしを支えるメロウ倶楽部」
       メロウ倶楽部 マーチャン副会長
  紹介  「釜山国際交流財団の活動」 財団担当者


釜山市庁情報企画担当 GRUE メロウ倶楽部副会長
釜山市庁情報企画担当                 GRUE            

マーチャン メロウ倶楽部副会長 釜山国際交流財団担当
マーチャン               国際交流財団担当

講演として、韓国側からは釜山市庁のIT部門の担当から、“U-City 釜山”の説明があった。 かねてから感じていたことであるが、あらためて韓国の行政システムの中でのIT技術の 先進性を感じた。

日本側からは、メロウの技術面を担当しているGRUEさんの新しい技術の活用の現状に ついての説明(脚注参照)と、メロウの活動の中心となって腐心しておられるマーチャンから、 地道な活動状況の報告(脚注参照)があった。

メロウの活動は、PC上の結びつきの上に成り立っているが、今回の交流会や、各種オフ会 で相互の結びつきが高められている。無縁社会ともいわれる、「他人のことは知らない」 といった風潮の社会の中で、PCを介した人間同士の交流は、ますます大切になってゆくと感じた。

日本と韓国の高齢者同士が、日韓交流会で定期的に顔を合わせる。私には得がたい、 素晴らしいことと思える。今回が第11回。残念ながら日本からの参加者は18名とやや少な かったが、韓国側からは40名を超える出席者があった。私は、とにかく出来る限り続ける べきであると思った。

お互い高齢化が進んでいる。しかしそれに負けないでやってゆきたいものである。
(記: KANCHAN)


交流会会場風景1 交流会会場風景2
  交流会会場風景


<懇 親 会> 午後18時から20時まで  司会 李春鶴さん

李春鶴さんの司会で始まった懇親会は実に楽しい時間でした。次々と登場する民族楽器の 演奏、舞踊、古くから伝わる独特の節回しで歌われるパンソリ、伽耶の琴、アコーディオン サックスの演奏が色を添えました。唯一、日本から参加された水口悦子さんの日本舞踊は あでやかな着物と振付でこの日の圧巻でした。

交流会の後、ビュッフェスタイルの食事に入り、暫し会食歓談の時間が過ぎると、いよいよ 輿響が始まった。

賑々しく出てきた一団は、釜山大学の生涯学習コースで学んだ同好の士で構成された伝統 芸能グループだそうだ。サムルノリから始まり、パンソリ、そして両班の衣装を纏って舞 う優雅な舞いも披露してくれた。

サムルノリはチャンゴ(杖鼓)ケンガリ(鉦)チン(銅鑼)プク(太鼓)の4種類の打楽器を使っ た民俗音楽で、これに合わせ、被った帽子の上のリボンを回しながら舞う姿は、とても 73歳とは思えない迫力だった。

次はパンソリ。物語を歌いながら語る韓国の伝統芸能の一種で、歌い手と太鼓奏者の二人 で演じられる唱劇とでも言うパンソリを演じた二人も、共に70歳代とのこと。 後で聞くと、彼らはもうセミプロに近く、日常的にアチコチの老人施設などでボランティア 活動をしていると言う。その元気さに韓国の活力を見た気がした。

この後、福岡のPMOさんの友人、水口悦子さんが和服姿で演歌に合わせた踊りを披露、 KJ−CLUBの男性会員たちにヤンヤの喝采を浴びた。

最後に姜泰植氏夫人の舞踊も、花を添えて楽しいひと時の輿響も終わり、何時ものように 集合写真を撮って、懇親会はお開きとなった。
(記: あんみつ姫さん)

懇親会場風景 釜山大学校 慶憲 Silveracademy修了者同好会
    懇親会場風景             釜山Silveracademy卒業の演技者一同

四物演奏 四物演奏と演技
韓国舞踊 京畿民謡
pan sori 伽耶琴
韓国シニアによる韓国伝統芸能演技

水口悦子さん 舞踊小曲(梅川) 車貞和さん 韓国舞踊 Aariran, toraji
 水口悦子さん                車貞和さん


スナップ1 スナップ2
スナップ3 スナップ4
女性参加者集合写真1 女性参加者集合写真2
懇親会場スナップ、集合写真

参加者集合写真

                     参加者集合写真

4月6日 慶州市内及び市郊外観光

  ◎午前: ホテル → 慶州 → 普門湖 → 佛國寺見学
  ◎昼食: 佛國寺観光団地にて
  ◎午後: 感恩寺址(新羅三層石塔、本堂礎石) → 文武大王水中綾 → 半月城 → 釜山
  ============================

<午前の観光>

朝8時バスが出る。今回は、2台のバスに日韓のそれぞれのメンバーが分乗し、 お互いに交流を深めながら観光しました。このバスは、KJ−Clubのご尽力 により、釜山市の予算から無償でサポートしていただいたのでした。

まず、慶州の普門湖に向かう。普門湖畔は桜の名所として有名です。この日の 桜は、ほんとに残念なことに、まだ少し時期が早くて蕾でした。しかし、両国 会員一緒の旅行なので、バスの中などで存分に交流ができて、大変楽しいもの となりました。それに、目に入るこぶしやレンギョウなどの花が印象的でした。 普門湖畔からは、2年前の交流会で宿泊した現代ホテルがバスから見えて懐か しかった。

仏国寺は何度訪れても素晴らしいところです。世界遺産となっているのも当然 です。山門(一柱門)を入ってから、長い参道を楽しみながら本殿に向かう。 両側に季節の花が咲き誇る風景はいつ見ても美しく心が休まる。解脱橋で 一休み。やがて天王門を抜けると、風景が変わり石組みが見えてくる。この 長い参道は、先に何かがあることを期待させるためにあるのかもしれない。 いつもわくわくする。

青雲橋・白雲橋と紫霞門そして美しい石組みが見えてくる。いつもここは賑や かで、今日も子供達が多い。教育の教材になっているらしい。しばし楽しん だ後、東側から回り込みながら、本堂(大雄殿)、多宝塔と釈迦塔を見る。

毘盧殿、舎利塔、観音堂を経て、極楽殿へ。金色の金銅毘盧遮那仏坐像、 金銅阿弥陀如来坐像は、日本人にはなんだかまぶしく感じられる。

極楽殿の西側の坂道を降りて行くが、左手の長く続く仏閣と下部の石組みが美しい。 降り切ると、正面に戻る。今度は、蓮華橋・七宝橋と安養門がよく見える。 ここは集合写真を撮るのに絶好の場所。先程の子供達も減っていて、静かに なっており、再びじっくりと橋、建築物、石組みの美しさを堪能する。

帰り道も、季節の花が咲いていて、なごませてくれる。ゆっくりと散策 しながら昼食の予定場所へ向かう。
(記: まるこさん、GRUE)


仏国寺山門前で 解脱橋の上で
青雲橋・白雲橋と紫霞門と石組み 多宝塔と大雄殿
寺内の花 見学の途中で
蓮華橋・七宝橋、安養門と石組み 蓮華橋・七宝橋前で


<午後の観光>

午後は、慶州郊外、東海岸へ向かう。まず、感恩寺址へ。感恩寺は、三国統一を果たし た新羅30代の文武王(661-681)が仏力で国を守るために作り始め、息子の神文王の 682年に完成した。息子は父王の偉業を称え、冥福を祈って感恩寺と名付けたと。
本堂は礎石のみ残り、三層石塔も2基だけ残っているだけだが、その凛とした美しさ はやはり感動を与えてくれる。周りが寂しいので一層その気持ちを強く感じる。

峠を越えて、甘浦海岸に出ると、沖合に文武大王水中綾が見える。「死した後にも 龍となって国を守る」として、海中に陵墓を設けた、世界でも珍しいものとのこと でした。さすが、三国統一した王と、その気概に感心しました。海は広くて大きく、 異国の海にきて、天気は好し、しばし波と戯れ海鳥と遊びました。

午後は、車内の時間が多くあり、2つのバス内で、それぞれ楽しい交流がなされ ました。これが国際交流なんだと思いました。

釜山市内に戻る途中の休憩所で、大邱へ向かうグループと釜山に戻るグループに分かれ ることとなり、来年の再会を期してのお別れとなりました。
(記:まるこさん、GRUE)


感恩寺址新羅三層石塔 文武大王水中綾
感恩寺址三層石塔                     文武大王水中綾

お別れ1 お別れ2
お別れ


4月7日 釜山市内観光そして帰国

既に前日(6日)の夕方に、KJ−Clubの皆さんとはお別れのあいさつをしていました。 今日は、すぐに航空機で帰る者、高速船で帰る者、1,2日間滞在する者、あるいは、 数日間旅行をしてから帰る者とに分かれました。

今日7日は、多くの者が、釜山市内の観光をし、特に7日の午後に高速船で帰国する者は、 午前中はゆっくり釜山市内観光ができたのでした。

釜山タワー 李舜臣将軍像
釜山タワーから見た南浦方面 亀甲船
釜山港の朝鮮通信使壁絵

釜山風景



(編集:bravo、GRUE、 写真提供:bravo、白兎山人、堅香子、GRUE 他)



ー脚注ー

なお、この交流会でのGRUE、マーチャンのプレゼンテーションは以下で見ることができます。

  GRUEのプレゼン → 「新ICTのメロウ倶楽部の活動への応用
       (これはwmv形式の動画ファイル、約6MB)

  マーチャンのプレゼン → 「シニアのこころと暮らしを支えるメロウ倶楽部
       (これはwmv形式の動画ファイル、約110MB)


Copyright Mellow-club Since : Nov. 1999