HOME > 総合メニュー > 活動報告総覧(イベント情報) > メロウ倶楽部・日韓交流会2006
WEBアクセシビリティ対応

日韓交流会ロゴ


2006年の日韓交流会は10月11日・12日、下記の通り開催されました。


10月11日(水)午前 横浜市内観光、

午後3時、交流会セレモニー
午後6時 懇親会

場所 新横浜国際ホテル
  http://www.khgrp.co.jp/shinyoko/


10月12日(木)日帰り観光

箱根観光


KJCLUB kazuya(一哉)さんの「06横浜交流会参加記(抜粋)」を使用させて戴きました。

06横浜交流会 参加記  投稿者:kazuya(一哉)
 **************************************************************************
 2006年10月10日
午後3時30分、ひかり号は新横浜駅に安着した。列車から下りた釜山組一行は、駅から約10分間歩いて、 メロウ倶楽部が周旋して下さった「新横浜国際ホテル」に入りチェックインした。それから30分程後、 成田空港に下りた大邱組11人が白兎山人さんの案内で到着して釜山組と合流した。
 駅のホームとホテルのフロントでは変幅林さん(元会長)、toshyさん、ドラゴンさん、とんぼさん、ぱらむさん、 ぎっちょさん、ら、めーるさん等、多数のメロウ倶楽部会員たちが、お出迎え下さった。  「港町十三番地」で有名な「美空ひばり」さんの故里である横浜で、一年振りの再会! 国境を越えた身に 染みる暖かい友情をつくづくと感じたのであった。

06横浜交流会 参加記
 **************************************************************************
 2006年10月11日
 午前7時にホテルのレストランで、オカズが淡白で栄養たっぷりな和食を美味しく戴いた。8時30分、 バス2台に乗って横浜の半日観光に出発した。甘辛城主さん、あんみつ姫さん、とんぼさん、ドラゴンさん、 ぎっちょさん等、昨夜、同じホテルに同宿したメロウ会員たちも同乗した。
 「赤煉瓦パーク」を見て、港の見える丘公園に至り展望台で見渡した横浜港の威容は素晴らしかった。
 又そこから間近にある「横浜大韓民国総領事館」を訪問して総領事から歓迎と激励の辞を傾聴した。 玄関の前で集合写真を撮った後、領事館に別れを告げた。 良く整った外国人の墓地に来ては、皆がこれを 背景として写真を撮るに急がしかった。
 バスに乗って10分位下りてきた道路辺にある「三菱みなとみらい館」に入った。ここは太陽系、惑星、 宇宙船、宇宙飛行士など、未来の宇宙に関する写真、模型、説明などが展示されている立派な教育場であった。
 メロウ倶楽部のお陰で近くの中華街の食堂で中国式昼食を取り、意義深いコースの観光を終えてホテルに帰って きたのである。

日韓交流会写真   日韓交流会写真   日韓交流会写真

06横浜交流会 参加記
 **************************************************************************
 10月11日午後3時、新横浜国際ホテル南館3階にあるヘンリーハウスで日韓交流の会議が始まった。
 始めにKJクラブの元DOAM(金大洙)会長さんのご逝去を弔う黙祷を捧げ、在りし日の面影が上映された。 しんみりとした場内は皆が故人との別れを惜しみながら冥福を祈った。DOAMさんの妹さんも、 この場に参加していた。
 この追悼セレモニーが行われた後、白兎山人さんが正確な韓国語で司会の挨拶をなさったし、続いて、 あんみつ姫メロウ倶楽部会長さんが挨拶された韓国語も、とても流暢で満場の拍手喝采を博した。 次にKJクラブRocky会長さんの日本語挨拶も上手であった。
 次は東京大学の青木先生が新しく開発したDMDで本格的な日韓交流が始まったのである。PCが置かれた一つの テーブルに日韓国人4人が入り混じって着席した。16個のテーブルで各々がDMDを操作してアニメ作品を作る のである。私は13番テーブルでチャット友である安房守さんと同じ組になった。
 青木先生が説明し、韓国人留学生が、それを通訳してくれた。
 この作業は山人さんが数日前から予告して 下さったし、日本語ハングル併記の詳しい説明書と、マーチャン(若宮さん)の実践記のお陰で、はかどった のである。 作品の発表では予想外に良い作品が多く紹介された。
 このDMDはシニアのパソコン学習にぴったりのソフトだと私は確信する。

日韓交流会写真   日韓交流会写真   日韓交流会写真

06横浜交流会 参加記
 **************************************************************************
 交流会の閉会後、チャット友であるJacmcさんに逢えて嬉しかった。
 続いて同南館の2階ルームで懇親会が始まった。
 司会を受け持った甘辛城主さんの開会挨拶に次ぐgrueさんとgarishさんの挨拶で会の雰囲気は一段と盛り上がった。 次はメロウ倶楽部幹事団とドラゴンさん、堅香子さん、ぱらむさん等、韓国語の話せる方々の紹介で、両国間、 親善の度が益々増して行った。
 ビール、お酒、美味しい肴がたっぷりなテーブルを取り囲んで日韓の会員が入り混じって座り、 変幅林名誉会長さんの先唱で皆が乾杯を唱えた。韓国語で「老益壮を誇る」変幅林さんは、又、ご自身が 生涯集めてきた記念切手の一部を我等に分けて下さった。
 バイキングの食事をとりながら紫雲さんの「地唄舞」を観賞したし、乃木農さんの面白いマジックを見て 楽しみながら、お互いに打ち解けて話し合った。また有名な楽団の招待演奏で友好の度は絶頂に達した。 それに加えて優雅なメロデイーと軽快なリズムに乗った甘辛さんと金栄一さんの社交ダンスの腕前は一流で、 場内の興趣を一層高めたのである。
 最後に「今日の日はサヨウナラ」の合唱で日韓交流大団円の幕が降りた。

日韓交流会写真   日韓交流会写真   日韓交流会写真

06横浜交流会 参加記
 **************************************************************************
 10月12日
 午前8時20分、日韓両クラブ会員たちは合同で有名な箱根観光に出かけた。 日韓入り交じった56人が3台のバスに分乗してホテルを出発した。
 爽やかな秋晴れと沿道のきれいな景色は私たちの旅の疲れを癒してくれた。 また車内ではメロウ倶楽部の 会員たちがオヤツの一杯入った袋を配って下さった。 バスが東名高速道路、小田原厚木道路を経て箱根新道に 入ると、森に囲まれて、うねった坂道を上って行った。
 出発してから1時間40分程経った頃、 山の頂の峠を越えると、絵のように美しい芦ノ湖が目の前に映った。 昔、全国の大名たちの謀反を防ぐために 設けられたという箱根関所と資料館を見学した。取り調べが厳しかった当時の様子がマネキン(実物大人形) で良く再現されていた。 また手形、道具、絵、古文書等の展示物で当時の関所を頭の中に画いて見た。
 湖畔荘で昼御飯を終えた後、休みの時間に湖の辺へ行ったが、PMOさんと、ら、めーるさんからアイスケーキを 買って貰い、美味しく戴いた。 12時30分頃から湖畔の桟橋に着いた遊覧船に乗り、穏やかな芦ノ湖を渡って 行った。富士山の頂上を、ちょっと見ただけで私の願いは適ったのである。

日韓交流会写真   日韓交流会写真   日韓交流会写真

06横浜交流会 参加記
 **************************************************************************
遊覧船が芦ノ湖の向こう側の湖畔(桃源台)に着いたので皆下船した。 一行は其処まで来て待っていたバスに 又乗り込んだ。バスは、やや勾配のある道を登り、約30分後、湖畔にある神山の中腹の小高い丘に至ったが、 此処が有名な大涌谷であった。箱根火山の最も新しい爆発口で、今も岩の隙間にある多数の硫気孔から水蒸気と 硫化水素を煙のように噴き出している様が一大壮観であった。此処でなければ、こんなに素晴らしい現象は 見られなかったであろう。温泉の湯気に炙られて黒く焦げた卵が此処の特産品で人気が高いという。  自由時間にロープウェーにも乗って見たかったが、順番を待つ長い行列と時間不足で諦めた。近くの売店に立ち寄り、 訪問記念に黒い卵と富士山が画かれた扇子を買った。 午後2時半頃、大涌谷を出発して帰路に就いたが、 実に名残惜しかった。 小田原までの帰り道は来た時とは異なるコースだった。今も印象に残るのは、 沿道の畑で、うねる薄(ススキ)の波であった。午後5時、予定通りホテルに無事安着した。  メロウ倶楽部の立派な箱根観光の計画と、お取り持ちを誠に有り難く想ったのである。

日韓交流会写真   日韓交流会写真   日韓交流会写真

06横浜交流会 参加記
 **************************************************************************
 顧れば、横浜交流会に参加出来て楽しかったし、そのお蔭で得た収穫も多かった。シニアたちがパソコンに 依って国際的に多くの友人と付き合えたし、先進情報に接する機会が良かったのである。また観光に依る見聞を 広めることが出来た。 長い期間に亘る綿密な計画と周旋を以て歓迎と歓待をして下さったメロウ倶楽部の あんみつ姫会長さんを始め、白兎山人さん、甘辛城主さん、いまいちさん、テイムドラゴンさん等、幹部と 会員皆様方のご誠意とご苦労に対し厚くお礼申し上げると共に、今回、KJクラブの訪日引率者Rocky会長さんと、 旅行を計画し、導いて下さった総務担当garishさんの労苦に対しても感謝の念を捧げる次第である。

                                                 (おわり)
日韓交流会集合写真
                                       日韓交流会参加者
Copyright Mellow-club Since : Nov. 1999