HOME > 総合メニュー > 活動報告総覧(催し物の紹介) > 2012 東京全国オフ
WEBアクセシビリティ対応

横断幕

(タイトル: Kenzaemonさん)

今回のキーワード: 東京   下町   東北復興支援


10月15日(水)
  18:00 懇親会(「第1ホテル両国」 25F スカイバンケット「アジュール」)
  20:15 おしゃべり会(同ホテル 1F 「アゼリア」)
  20:30 カラオケ会(「歌広場」 JR両国駅前)


10月16日(火)
   9:30 バスツアー(浅草、柴又帝釈天)
  10:00 水上バスツア(両国、浅草、桜橋、越中島、浜離宮、お台場往復)
  12:40 お別れランチ(「ちゃんこ巴潟」 JR両国駅前)
  14:10 解散 一部の参加者「福島アンテナショップ」へ(JR東京駅八重洲口南)

10月15日(月) 全国オフ初日

懇親会 18:00ー20:00 第一ホテル両国 25F スカイバンケット「アジュール」

    豪華で楽しかった懇親会!           花水木さん(愛知県)

午後5時から受け付けが始まりあちこちで「お久ぶりですね、お元気でしたか」と 賑やかな会話が交わされておりました。会場内の窓からはライトアップされた東京スカイツリーも見え色どりを添えておりました。


スカイツリー  夕陽  会場の25Fから見た夕方のスカイツリー           沈み行く太陽

開会時間の午後6時にはエントリーされたお顔が83名すべて揃いました。
今回 司会は私、花水木がさせて頂きました。

まずはユーストリームの係bravoさん、ビデオ係の多摩のけんさんの紹介、次に会長KAMEさんから開会の挨拶ですが体調を壊していらっしゃると言うことでKenzaemonさんが代読されました。


司会 花水木さん  会長 KAMEさん 代読 Kenzaemonさん
 司会 花水木さん           会長 KAMEさん           代読 Kenzaemonさん

最初に紫雲さんによる地唄舞「菊の露」です。変蝠林さんを始め亡くなられた会員の皆さま、そしてこの震災で亡くなられた多くの皆さまに対し追善の思いをこめられ舞われました。


紫雲さん 紫雲さん 
紫雲さん 紫雲さん   地唄舞 「菊の露」 紫雲さん

続いて乾杯です、乾杯の音頭は震災、そして原発で大きな被害を受けました福島県 から参加の善兵衛さんにお願いしました。


乾杯 善兵衛ん 
 乾杯 善兵衛さん

歓談の後 メロウ楽団の演奏です。
「恋の季節」「見上げてごらん空の星を」などグループ演奏の後 ソロ演奏 会場も和やかな雰囲気に包まれました。


楽団メンバー 
楽団メンバー紹介
 葉路人さん、キタノホマレさん、sahideさん、のびさわさん、白兎山人さん、とんぼさん、 ぴあのさん
       

楽団 ぴあのさん 
 楽団演奏                           ぴあのさん           

会場  会場
会場 会場           
会場 会場
 会場風景           

スカイツリー 
 日が暮れライトアップされたスカイツリー

続いて震災支援チャリティオークションです。
楽しい雰囲気の中、たくさんの方の御協力を頂き7万200円の支援金が集まりました。(注)


チャリティ チャリティ
 東北支援チャリティバザール 司会マーチャン      電脳くじで950番当選!      

チャリティ チャリティ
 当選者はどなた?                     私で〜す!

チャリティ
 Ustream配信のインタービュー(bravoさん)           

その後 会員番号900番代の参加新人5名の紹介
最後は参加者全員で「今日の日はさようなら」を合唱

全員合唱 全員合唱   全員合唱 「今日の日はさようなら」           

エスカさんの閉会の辞の後 記念撮影をしました。


集合写真  集合写真                                                (撮影:昭さん)

注: 集まった支援金は10月19日振り込み、10月26日福島県東京事務所(平河町)を3名(マーチャン、
   ぱらむさん、GRUE)が訪れて担当課の方に復興の状況をお聞きし、又シニア(高齢者)の有効な支援の
   仕方について意見交換しました。

        全国オフは至福のひととき!       キタノホマレさん(奈良県)

オンラインの活動や地域の勉強会などにはサボリ気味の私も、全国オフには倶楽部発足以来ほとんど参加しています。メロウ倶楽部ではいろんな出会いがありますが、毎年一回の全国オフは格別のものがありますね。その理由は何と言っても全国津々浦々から集う会員の皆さんと再会を喜び合ったり、オンラインで知り合った仲間と顔を見ながらいろいろ語り合えることだと思います。その至福のひと時は何物にも代えがたいものがありますね。

そんな楽しみに加えて、私には昨年から全国オフの懇親会という晴れ舞台で趣味のアルトサックスの演奏を皆さんに披露できるという新しい喜びが増えました!前々回の金沢での全国オフでメロウ楽団の演奏に刺激を受けて入団を希望、昨年、地元奈良での全国オフで晴れの楽団デビューを果たすことができました。そして、今年は80名もの皆さんの前で演奏することができました。皆さんからは楽団の演奏は去年よりさらに素晴らしかったと、賛辞とお世辞の混じったコメントをいただきとても嬉しかったです!

懇親会の美味しい料理をゆっくり味わうことはできなかったけど、皆さんに演奏を聴いていただけるだけで感激でした。そして、何よりも、楽団の仲間の皆さんと本番に向けてオンライン、オフラインで一緒に練習し交流できたことは素晴らしい経験でした。これからもメロウ楽団の一員であることが人生の励みと糧になると思っています。

今から来年の全国オフを心から楽しみにしています。

   「メロウ倶楽部」最高! 「オフ会」なお最高!!   こっこ亭さん(兵庫県)

1年ぶりに再会の人、初めての人、顔のわかる人は限られている。でも、「メロウ」とは不思議な集団だ。いつも会っていたような気安さで、すぐに馴染んでしまっている。

「マーチャン」から、事前に“チャリティ”の手伝いをするようにご指示をいただき、少しでも間にあうようにと、16時過ぎにホテルに到着したのだがすでに下準備は整い、皆さん、25階「アジュール」に上がって会場を設定中。東の窓の外には「東京スカイツリー」がすっくと姿を見せ、西の空は段々と夜の帳をおろしはじめ素晴らしい夕景色を見せている。これも晴天のお陰。日頃の我らの精進の良さ!!

あの人、この人、シャッターを切るのに夢中になっている。広々とした会場の舞台上には、立派で素敵な生花が活けられ、「会費でこんな立派な花が飾れるのかしら?ホテルのサービスかな?」あとで、この花は紫雲さんからのご厚意の花とわかり、感謝感激!!

花水木さんの司会で始まった懇親会は、紫雲さんの地唄舞「菊の露」で、この一年間に黄泉の国へ旅立った方たちの追悼から始まり、メンバーも増えた「メロウ楽団」のグループ演奏とソロ演奏。「恋の季節」や「青春時代」・・・知っている歌ばかりで、食べながら呑みながら口ずさんでいた。素人が偉そうなことを言うが、去年、奈良でお聞きした時より数倍素晴らしい演奏になっていた。

演じる人、司会や進行をする人、カメラを回す人たち、幹事の皆さんには本当に申し訳ない気持ちでいっぱいになる。皆さん、おいしい食事の数々、ドリンクを頂く時間が全くなかったような・・・

各テーブルでは、和気あいあいと話が弾んでいる。いよいよマーチャンの進行で「チャリティオークション」が始まった。テーブルに並べられた皆さんからのご好意のこもった品々。
番号が出て、探すのに担当者みんなで右往左往。大声出しながら、これもまた、楽しい!!
募金箱に入れて下さる金額は「見ちゃダメ、見ちゃダメ!」でこれもまた楽しい。チャリティは「おしゃべり会」でも続けられ、70200円も集まった金額に感謝!感謝!!

私は久しぶりの上京で、ついでに、あれも見たい、ここにも行きたい・・・で、2日目は失礼したが、1日目だけで満喫度100%、楽しさも大満足の今年の「メロウ倶楽部・全国オフ会」だった。

事前の微に入り細にわたっての準備万端、並々ならぬお世話をおかけした幹事の皆さまに大感謝、最敬礼いたします。
今から、来年の「オフ会」をすでに楽しみにしている私。今年来られなかった会員のみなさん!来年は必ずお会いいたしましょう!!


おしゃべり会 20:15−22:00 同ホテル 1F 「アゼリア」

      幸せいっぱい腹いっぱい、最高の懇親会    さといもさん(東京都)

2011年10月15日(月)待ちに待ったメロウ倶楽部の全国オフだ。
東京で開催と決まった時から「行くぞっ!」と強く思った。\でへへー

さて全国オフ当日
懇親会会場に着いたら吃驚のなんのったらアータ、受付に綺麗どころと
ハンサムなオジ様達がニッコニッコでお出迎え( ^)o(^ )ええ気持ちや〜

聞き取りやすく落ち着いた声の花水木さんの司会、グレードアップした
メロウバンドの演奏あり、料理の中身も量も高齢者にはピッタシ、赤ワインを
二杯頂いて、白兎山人の元気なお顔を見て、しばしお手手を握ったまま(-"-)オイオイ

幸せいっぱい腹いっぱい、最高の懇親会。

さてさて次なる待望の「おしゃべり会」1階“アゼリア”にレツラゴー
中に入れば和気藹々と楽しそうに歓談している人、飲み物を前に一人ぽつんと
座ってる人もいた。

我が席は、普段滅多にお目にかかれない名古屋の葉路人さん、花水木さん、
奈良のキタノホマレさん、京都の悠さん、福岡のPMOさんの5人と、
さといも&きよみの7人。

全国オフでなけりゃこんな豪華なメンバーとご一緒できまへん。
話しは弾み、何とも幸せな時間でありました。
これも企画をして下さった幹事さんに感謝感謝。

我が席に立ち寄ってお話して下さった
紋次郎さん、マーチャンさん、『写楽』さん、男爵さん、安房守さん、めぐみさん、
えーと、あとは・・・忘却の彼方(+o+)ホヘ 感謝でいっぱい(;_:)ホロホロ

こんな機会が又あるならば是非参加したいと、心に強ーく思った一日で有りました。


おしゃべり1  おしゃべり2
おしゃべり3  おしゃべり4
おしゃべり5  おしゃべり6  おしゃべり会の歓談

カラオケ会 20:30−22:00 「歌広場」 JR両国駅前

      いや〜〜楽しかった!      さんらく亭さん(兵庫県)

10人の予定と聞いていましたが結局は15人という多人数で大いに盛り上がりました。
カラオケ店との交渉から会の進行まですべては紫雲さんのテキパキした手配でスムーズに進んで最高の時間を過ごすことができました。いや〜〜楽しかったです(^-^)

時間と人数との関係で一人2曲しか唄えずやや心残りではありましたが、それ以上に皆さんの気持ちの籠もった唄いっぷりに感動しっぱなしでした。上手下手ではない、気持ちです。

焼津3人娘(らめーる、公子、チエコ さん)のレベルの高さや、まみさんの唄いっぷりにシビレました。ぴあのさん、紫雲さんはホテルのオフ会場での姿とはまた違った一面をたっぷり聴かせていただきました。みゅう鈴木さんの本格的な歌唱力、まるこさんの落着いた悠々たる歌いっぷりには感動を受けました。きららさんはいつも「東京ザ・カラ」で唄われるとおり少女のようなかわいい曲を披露されて聴いていて心が和みました。
あ、男性陣も歌ったのですが時間が経ったのであまりよく覚えていません(;_;)

たいへん愉快で濃密な時間を過ごし終りを惜しみながらお開きになりました。いやぁ素直な気持ちで大きな声で唄うって、いいですねぇ〜〜〜〜〜。

カラオケ組のみなさん、有難うございました。
また機会があれば唄いましょう。


 10月16日(火) 全国オフ2日目

観光コース1 水上バスツア 10:30ー12:15

     贅沢で見所一杯のクルージング!   GRUEさん(茨城県)

全国オフ二日目 散策は2コース用意されています。
このコースは、水上バスで隅田川を往復するコースで、38名もの方が参加しました。 東京近辺在住の方も水上から東京を見るのは初めてという方もあり、特に水上からスカイツリーがふんだんに見れるというのが魅力だったようです。

実はこのコースでは、同じ日に別の大きなグループが予約していて、それとの競合で座れないかもしれないと言われていました。心配しましたが、最後は配慮をしてくださって助かりました。

このコースは「浅草・お台場往復クルーズ」です。10時丁度に両国を出るとまず上流に向かい、右手にスカイツリーを見ながら進みます。浅草(二天門)に立ち寄り、桜橋の手前でUターンして下流に向かいます。今度は左手にスカイツリーを見る訳です。色で区別された多くの橋を見ながら通過します。蔵前橋、厩橋、駒形橋、吾妻橋、言問橋など聞いたことのある橋が次から次に現れます。スカイツリー新駅行きの電車が通過するのを見ることもできました。水上バスには屋上があって、そこへ上がると四方を見渡せます。天候は快晴で写真を撮るには申し分がありませんでした。

両国に戻り、越中島、聖路加、浜離宮などの船着き場を通過又は立ち寄って下ります。更に下ると新大橋、清洲橋など美しい橋に逢う。永代橋、中央大橋、佃大橋、勝鬨橋など記憶に残る有名な橋が次から次に現れ厭きる暇がない。左右の岸に現れる名所も目が離せない。陸上で見るのとは全く違った景色です。

隅田川から一旦東京湾に出る。そこに来ると美しいレインボーブリッジが見える。素晴らしい眺めです。そこまで来るとお台場だ。富士テレビのビルなどが見える。ここで、船は又Uターンして、隅田川に戻り、上流へと向かう。


今度は、左側を注意すると、東京タワーが見える。スカイツリーが出来てかえって東京タワーの人気が出て来ているとか。狭い通路を通って浜離宮恩賜庭園船着き場に停まる。浜離宮を見学した外人さん達が乗ってきた。
築地市場が見えてきた。品物の搬入などに川を利用しているのがよく分かる。

再び、清洲橋に戻ってきた。又、色々な橋を再び見る。そして、前方又は右手のスカイツリーが段々大きくなってくる。乗船した両国駅の前に来たが、ここではまだ降りない。もう一度、言問橋まで行って帰ってくるのだ。結局、2往復つまり4回もスカイツリーを間近に見れる贅沢なクルージングだ

12時15分、両国駅に着いた。皆さん十分に堪能された模様。いい写真が撮れたでしょうか。下船してお別れ会ランチ(ちゃんこ鍋)会場に向かう。途中、国技館前を通る。


水上バス乗り場  水上バス
 水上バス乗り場 東京水辺ライン両国発着所     水上バス

乗船  クルージング   乗船                               クルージング開始 隅田川を上る 蔵前橋

クルージング  クルージング   クルージング                          桜橋前でUターン 下流へ向かう

清洲橋 レインボーブリッジ   清洲橋を過ぎる                        レインボーブリッジ

お台場海浜公園  東京タワー  お台場海浜公園 ここで又Uターン 隅田川へ      東京タワー

クルージング  築地市場   クルージング                           築地市場

浜離宮  清洲橋   浜離宮公園                            再び清洲橋                         

観光コース2 バスツア 9:30ー12:15

      寅さん 見守っていて!     寒梅さん(東京都)

全国オフ二日目 散策コースの2つ目です。
私たちの参加はバスでの浅草観音 および柴又の帝釈天参拝です。
よく晴れ渡った10月の日差しは強く、ミニバスは参加者12人を乗せて、 予定通り9時30分ホテル前を出発しました。

雷門の前では威勢の良い人力車夫さんの声を聞き流し参道へ。
外人さんがチラホラそれよりも若者たちがとても多いですねぇ。
参道の佃煮屋さんの前に通った時、お礼に送った佃煮をおいしかったといわれて間もなく 倒れてしまったtoshyさんを思い偲びました。
浅草も賑わいを戻しつつあります。往年の賑わいを知っているものとしては嬉しい事です

浅草から高速道を一路柴又へ。 車窓ではスカイツリーが現れてはビルに遮られたりして 40分ほどに柴又到着し、金木犀のかすかな香り漂う葛飾の地に降り立ちました。
丁度昼時、鰻の香ばしい匂いに (柴又はうなぎを食べさせてくれる料亭が多いのです) 食欲をそそられながら帝釈堂前に、そして参拝。
昭和五九年庭園を巡る回廊が完成 平成六年本堂欄間に「群猿遊戯図」完成
見事なギャラリーを一瞥して参道へ

可愛いお猿さんが看板を支えている 彫り物師のお店は80歳を越したおばあちゃんが 店番をしていました。
名物のさらし飴切りは 今日は機械での咳止め飴つくりでしたので あの歯切れの良い「トントコトントコ」は聞こえませんでした。
駅前の寅さん銅像 懐かしの寅さんがかばんを提げて立っていました。
左足の親指をこすって 幸運・健康を願えば叶えられると云い伝えられ、 親指は金色に輝いていました。勿論さすってきましたよ!
寅さんこと渥美清さんが逝って16年世の中は寂しいことがいっぱいです。
寅さん見守っていてくださいね。
かくしてバス旅は終りを告げお別れランチ会場へと向かいました。


帝釈天  鐘楼 寅さん
 柴又帝釈天             鐘楼                寅さん

帝釈天参道  とらや
 帝釈天参道                          とらや

参加者
 参加者

自由観光 スカイツリーツア 9:00ー12:15

     スカイツリーに登った!     たいへいさん(石川県)

4人だけですがスカイツリーツアーを実施いたしました。
8月に時間指定の予約をいたしまして、タクシーを降りるといきなり スカイツリーが目に入り、真下で見上げるスカイツリーは思いのほか 高く、首が折れそうになるほど見上げなければなりませんでした。
日頃の行いが悪くはないせいか、天気が上々で遠くまで見渡せましたが、 遠くが少しかすんでいて、富士山までは見えませんでした。
しかし 富士山の形をしたアイスクリームを350m地点でPMOさんの古希に乾杯、 美味しくいただくことが出来ました。


スカイツリーから スカイツリーから  スカイツリーから                    スカイツリーから(東京タワー方面)

お別れ会 ちゃんこ巴潟にて 12:40ー14:10

       ちゃんこが美味しかった!     GRUEさん(茨城県)

午前中の2つの観光コース、水上バスツア、バスツアに参加された方、自由ツアに参加された方々が、続々とお別れ会会場の料亭に集まってきます。総勢54名の大人数になりました。 料亭の女将さんが、到着したらすぐに食べられるように用意して下さっていました。

ぱらむさんから開会のあいさつ。メニューはちゃんこ鍋ですが、両国に来てちゃんこを食べない手はないと、紫雲さん、ぱらむさんが試食をして料理内容にまで注意を払って下さった甲斐があって味は申し分なし。舌鼓を打ちながらの食事でした。

又々、あちこちで歓談の輪が広がります。メロウさん方はおしゃべりが大好き。きりがない。 それももう終わり、お開きとなりました。14時10分。名残惜しげにそれぞれが散って行きます。何人かが東京駅八重洲南口の福島県アンテナショップに向かいます。

来年までしばしのお別れです。さようなら。又、元気でお会いしましょう。


お別れ会  お別れ会  ランチ                              ちゃんこ鍋

(編集:GRUE)   なお写真は参加者が撮影されたものを適宜使用させて頂いています。

なお、この交流会の様子は次の動画としても制作されました。次をクリックしてご覧いただけます。
  「2012全国オフin東京 1日目 懇親会」
  「2012全国オフin東京 1日目 メロウ楽団演奏」
  「2012全国オフin東京 2日目 隅田川クルーズ」

Copyright Mellow-Club Since Nov. 1999