HOME > 総合メニュー > 活動報告総覧(イベント) > 2008年全国オフin琵琶湖
WEBアクセシビリティ対応

 横断幕です

2008年全国オフ 開催報告

================================================================================

2008年の全国オフ会は琵琶湖汽船のクルージングパーティと近江路を巡るバスツアーでした。
参加者は79名でした。オフ会は大略次のように開催されました。

10月23日17時00分浜大津港で受付を開始
17時45分ミシガン号に乗船開始
18時15分懇親・懇談・食事会開始
19時20分余興開始       
20時00分浜大津港に帰港・下船 
10月24日08時37分観光バス3台に分乗しツアーに出発
09時00分石山寺に到着、参観 
10時55分佐川美術館に到着、鑑賞
14時40分彦根城に到着、見学   
16時20分米原駅に到着、解散   
=================================================================================
会長の挨拶です。

 会長が挨拶しています

全国オフ in 琵琶湖 開会挨拶 会長「KAME」さん

 今期から会長を承っていますKAME亀井です。宜しくお願い致します。

   今回のオフは遠い所では、北は岩手、南は鹿児島から参加して頂いています。
 このオフをお世話して頂いた世話役の皆さん有難うございました。

 此処は近江の国です、司馬遼太郎も近江は大好きで「街道を行く」はここから
 始めています。高天原は近江に有ったという説も紹介しています。
 今日、明日とご一緒に近江を堪能したいと思います.

 皆さんの益々のご健勝をお祈りしましてご挨拶とします。

10月23日 受付班レポート

 今回は受付場所が乗船場。しかも短時間で受付をと言うことでしたので、受付のメ
 ンバーで約2ケ月の間議論をし、結局、地区別に分担することにしました。
 16時に集合、袋詰めなどを各地区に分けるなど手早い動きで済ませる事が出来ま
 した。

 なお、Panさんは参加者の誘導の任に、なごやかさんは船での懇親会テーブル番
 号の抽選担当となりました。

 アウトドアでの受付、生憎の雨で風も強かったですが、参加者の皆さんの出足は早
 く、当日のドタキャンや遅刻者もなく、受付担当の皆さんの頑張りで受付はスムー
 ズに 終りました。

 受付を担当してくださった方々の感想には、

  ・受付業務が順調に進行できたのは、前々から配慮してくださったあやさん、
  Panさんのお陰です。
 ・なごやかさんの抽選箱・籤札、らくさんの名札、しんちゃんの横断幕は素敵でし
  た。
 ・あやさんのテキパキとした指示で準備はスピーディーに片付き、余裕タップリで
  皆さまをお待ちすることが出来ました。
 ・終ってみて、こうしたmeetingを開催するには、いろんな人の力が必要なんだと、
  よ〜く分かりました。
 ・作業の中で、サポーター同士の交流も出来てよかったです。
  

      受付を担当してくださった方々にお礼を申し上げると共に、
    無事に楽しく終っ た全国オフに感謝いたします。
                  ----あやさん記----

 
ミシガン号を背景に参加者全員の記念撮影です。

 全員で記念写真です

懇親会レポート

 受付を済ませ、記念写真も終わり、いよいよミシガンに乗船です。
 雨もご愛嬌と思えるほど、笑顔一杯の皆さん!!

   2階に上がって、ハックルベリー会場に入ると、美味しそうな料理が並んでいて
 「わ〜、お腹すいたね」と言う声があちこちで聞こえます。

 籤で引いたテーブルに着席、kenzaemonさんの司会で懇親会が始まりました。

 会長のKAMEさんの挨拶と、阿呆鳥さんの乾杯で座が一気に和みました。

 順番にバイキング料理を取りにいく段取りをして頂いておりましたので、大した混
 乱も無くお料理を頂くことが出来ました。

 余興が始まり、誰か知らない人が前に出ました。なんと、乃木農さんが、ヒゲ、カ
 ツラ、それにサングラスで扮装してマジシャンになっていたのです。
 数種類の手品はあっという間に終わり、ヤンヤ、ヤンヤの大喝采!!

 次はキタノホマレさんが進行係りを務める「ビンゴゲーム」です。
 Mr.ビンゴの異名の通り、実に軽妙で面白く進めて行かれました。
 夕陽さんが、ビンゴのボタンを担当され、いやが上にも盛り上がっていきました。

 なかなかヒットしない数字にウ〜ンと嘆きが聞こえて来る中、一等賞にはテレサマ
 マさん!!・・・おめでとうございます!
 その後は続々と当選者がでて、賞品をゲットしていかれました。リーチが3つも
 出ていながら、とうとう最後まで行けない方も多いようですね。・・残念でした。

 朝早くから買出しをして下さった皆さんが選ばれた賞品は、下記のような地元の
 産品でとても評判が良かったです。

 1等賞写真立て
 2等賞ちりめんのお正月飾り
 3等賞ウサギの形のパソコンクリーナーとタオルのセット
 4等賞組紐の携帯ストラップ
 5等賞ちりめん細工のお正月飾り

 この後、ルイ・アームストロングさんがトランペットを吹きながら登場してきました。
 なんと、ゴム製のお顔を被った白兎山人さんなのです。
 何でも器用になさる山人さんにビックリです。

   トランペットの曲を2曲、演奏された後「皆で歌おう」の伴奏をして下さいました。
 KAMEさんが、前にでて良いお声で歌って下さって、それに唱和して皆で4曲歌
 いました。

   ♪琵琶湖周航の歌      ♪村 祭 り
    ♪青い山脈   ♪今日の日はさようなら

 暫くはあちらこちらで、なごやかな歓談があり、和気藹々と本当に楽しいひと時で
 した。

 しんちゃんから、二次懇親会や明日のバスツアーの連絡・注意があり、3時間の
 懇親会はお開きとなりました。

 例年のホテルなどの懇親会と違い、少々狭いかもしれないと心配していました
 が、それが却って近くでお話が出来るという、素敵なメリットになりました。
 そして、お料理がとても美味しかった、と喜んでいらっしゃいました。

 皆さん、お疲れでした。そして、有難うございました。
                  ----お啓さん記----

 
懇親会の写真から

司会は kenzaemonさんです 乾杯の音頭は阿呆鳥さんです

乃木農さんの手品です ビンゴのキタノホマレさんです

白兎山人さんトランペット吹奏  白兎山人さんトランペット吹奏2

 船内の皆さん

二次懇親会レポート

 ロマンティックな琵琶湖クルージングが終って21時には下船開始。
 その後希望者は二手に分かれて二次会に参加。
 カラオケ大会とホテル別館での懇親会です。
 まだまだ話し足りないメロウさん達が続々と二次懇親会場に集まりました。

 参加者は46名にもなって部屋からはみ出すような熱気でした。
 あちらでもこちらでも話の輪ができ、初対面のご挨拶やら、おなじみさん同士の懐
 かしい会話やら、話は果ても無く続きました。

 2時間ほどがあっという間に過ぎて、心残りではありますがお開きとなりまし
 た。 来年の再会を期して。
                ----グルーさん記----

二次懇親会会場の様子です

二次懇親会場の様子です

二次会カラオケ班レポート

 カラオケ参加班はミシガン下船後近くのカラオケ店に直行しました。
 総勢15人でしたが、このうち、さんらく亭さんは大阪での別の会合を切り上げ
 ての参加でした。

 いづれもカラオケ大好きな面々とあって、実力も相当なもの、素晴らしい喉と歌
 唱力のオンパレードで、終始会場は嫌が上にも大きく盛り上がるのでした。
 この日のためにカラオケ道場に通った方もおられました。

 また、ミシガン懇親会場では、いくら何でも「六甲颪」は歌えないと断念された
 らくさんも、ここでは皆さんと「六甲颪」の大合唱をして鬱憤を晴らしました。

 予定の2時間はあっと言う間に終わり、この間歌った曲数は39曲に及びました。
 この中で、「当夜の我が最上の歌」は何でしたか?との問い掛けにお答え下さっ
 た方々の曲目は次の通りです。
                 ----しんちゃん記----

 SHIGさん夫婦坂 パープルさん恋のフーガ
 こっこ亭さん二人でお酒を ら、めーるさん私には貴方だけ
 お啓さん二人の大阪 さんらく亭さん憧れのハワイ航路
 まるこさん手紙 hiroさん大阪ラプソディー

カラオケ会場です。

カラオケ会場です

10月24日 バスツアーレポート

参加者は3台のバスに分乗、朝から、小雨が降る生憎の天候でしたが、予定より7分
遅れの8時37分にホテル前を出発し石山寺に向かいました。

石山寺は小高い山の上に在り、長い石段を2度3度と登らなければならず息切れさ
れた方もおられたと思いましたが、多くの方が上まで登られたようでした。
紫式部が執筆したとされる小さな部屋が印象的でした。

佐川美術館へ向かう途中の琵琶湖畔の山々がとても神秘的で、皆さん歓声をあげら
れていて、小雨のお陰で珍しい風景に接しました。

佐川美術館では、平山郁夫展、左藤忠良展が開催されていて、素晴らしい作品の
数々に皆さん堪能されたようで、私も感銘を受けたのが多々ありました。

昼食を鮎屋の里の「鮎屋」でとり、久しぶりに鮎を食しました。
午後の彦根城は、城内を見学される組と、玄宮園の方へ回る組とに分れ、玄宮園の
方へは20人程が参加されました。玄宮園の周りは中々趣が在りました。
尚、2号車にカメラの三脚を忘れられた方が居られ、此れだけが気がかりでした。

全体にスムーズに行なわれ、一人の怪我人、遅参者も無くてバス担当としましてはホ
ッとしました。−−−以上簡単ですがレポートとさせて頂きます。
                  ----昭さん記----

彦根城を背景に記念写真

彦根城を背景に記念撮影1です 彦根城を背景に記念撮影2です

彦根城を背景に記念撮影3です

玄宮園で彦根城をバックに記念写真です

玄宮園での記念写真です

バス1号車から

ユニークなバスガイドさんのしゃべりに、危うく全員が飲み込まれてしまうところを、
最前席に陣取ったお方が繰り出すパンチで、事なきを得ました。

1号車の乗客は、このガイドさんから、どの見学地でも時間に遅れず、トップでバスに
帰着したと、お褒めに預かりました。
                 ----kenzaemonさん記----

バス3号車から

「バスガイドなし」という異例のバスでしたが、らくさんの名解説に加え、白兎山人さん
のコメントもあり、楽しく恙無く見学を終えることができました。
                  ----マーチャン記----

==================================================================================

ま と め

受付の準備を始めたころから降りだした雨は、23日、24日と降り続き、旅の終わり
のJR彦根駅に着いたころには、ピッタリと止んでいました。
でも、琵琶湖畔には雨が似合いましたね。

ご参加の全てのみなさまのお陰で本当に楽しい旅でした。
また、みなさまが、お元気でお帰りになられたことが何よりでした。

この楽しい旅行を陰で支えてくださった多くのスタッフ・サポータのみなさん、なかでも
「総務」として全体の段取りをして下さった、しんちゃん、エスカさん、花水木さんに心
から感謝の気持ちを表したいと思います。
ありがとうございました。

皆さま、また来年、お会いしましょう。        ----マーチャン記----  

記述は各提供者、写真しんちゃん他、編集しんちゃん

最初に戻る