HOME > 総合メニュー > 活動報告総覧(イベント) > 2006全国オフin倉敷
WEBアクセシビリティ対応


全国オフ横断幕



2006年の全国オフは11月14日・15日、下記の通り開催されました。
11月14日(火)午後1時から受付、その後自由散策。
         午後6時30分 懇親会
         場所 倉敷国際ホテル http://www.kurashiki-kokusai-hotel.co.jp                  
11月15日(木)午前 自由散策
         午前11時30分 お別れ昼食会
         午後 0時30分 オプション観光(鷲羽山、後楽園他)
 ※文章は、あんみつ姫さんの参加記「倉敷オフ」より使用させて戴きました。
   写真提供 竹林の翁さん、岡部のさん、『写楽』さん


国際ホテルに入ると、もう入り口には懐かしい 関西の女性陣がぁ\( ~∇~)/
Amiさん、団子さん、風子さん、テレサママさん、甲子園の金魚さん 夕陽さんの笑顔に迎えられ、早くも心が躍る('-'*)
しんちゃんに会場に案内されれば、そこには立派な横断幕が、倉敷オフを 誇るように、燦然と輝いているではないか(^.^;;ナーンチャッテ
さて今日中に見なきゃぁと、荷物を解く暇もなく向かうは「大原美術館」 館内でもまたまた、メロウな仲間に遇い、アッチでもコッチでも「お久し ぶり〜!」と交わす言葉に、気持ちはもうすっかり全国オフ!
お花ちゃんが元気に歩いてる、嬉しいな!
受付をしてくれた関西美女軍団も、暇を見て絵を鑑賞しているのを見て、 ちょっと安心(゜ー゜)
ところで芸術なんつーものには縁遠い私メ、モネの睡蓮、グレコの 受胎告知、モリジアニの何たらの肖像辺りまでは、ふむ、名画かも 知れないなんて、したり顔(^.^;;
がぁ、「Nの家族」や「童女舞姿」なんかには、もちっと可愛く、 もちっと、見てくれよく描けばいいのになぁと感じ・・
ゴーギャンの「かぐわしき大地」に至っては、ゲッ、相撲の着ぐるみ じゃぁあるまいし、なぁんて思う。
なんともはや、芸術とは理解に苦しむものよ、のう(-"-;)
が、倉敷美観地区には確かに美しさを感じる私は、芸術音痴(・_・?)
朝から駆け足で草臥れた、一休みとばかり、ホテルに戻る道すがら 何やら呼び声が聞こえたような気がして顔を向ければ、あれまぁ 名古屋の皆さんが・・
風邪引いたと言ってた かよこさんが居て嬉しい!
こうして何人もの懐かしい顔に遇い、一頻り話が弾んで。 さて宴席が始まるまでの間と、部屋で一休みしたのでありました。
全国オフin倉敷写真  全国オフin倉敷写真  全国オフin倉敷写真


午後6時半からは立派な宴会場で、お待ちかねの懇親会が始まりました(^ー゜)ノ
それぞれ引いた席札の場所に座るまで、ちょっと右往左往があったけど、皆 無事に着席!
司会はしんちゃんの喝舌(これってカツゼツって言うらしい、最近は変な日本 語が多いのだ)に乗って、皆直ぐにオフの雰囲気に呑み込まれてしまった。
挨拶、乾杯に続いて、次々と運ばれてくるお料理はどれも美味しく、早くも アチコチに移動して親しく歓談する皆さん('-'*)
のんたさん、シャコンヌさん、花水木さんが一言、夫々に心を打つ挨拶で ありました(^o^)/
と思う間もなく、舞台に用意された瀬戸内源平太鼓の衆が登場、メロウ倶楽部 のイヤサカも祈って叩いて下さるという\( ~∇~)/
バチ捌きも勇ましく、腹に響く太鼓の音に酔いしれ、宴は嫌が上にも盛り 上がるのでありました ヽ(^▽^)ノ 
余興は更に続き、福岡グループの揃い踏み、ラインダンスならぬライン 舞踊が大うけ(^.^;;
テンネンさんの本格派「黒田節」には、思わずトーマスさんが飛び入りで コーラスグループに( ^∇^)
こりゃ、とてもお行儀良く召し上がってなんていられません!
飲む人も飲まない人も、交流の波に飲まれた宴会場では、アッチでも コッチでも席を移動する姿が・・・
さてお待ちかねのビンゴゲームが始まる頃には、宴は最高潮!
赤い蝶ネクタイのキタノホマレさんも最高潮(^_^? ナンノコッチャ
出た玉の番号を甲子園の金魚さんが白板に書いて下さるから、ソソッカシい 私でも間違うことは無いよ(^.^;;
が、次々にビンゴ!の声は上がれど、私のカードはリーチにもならない(-"-;)
賞品はどういう訳か福岡グループの面々に“o(><)o”くう〜! 
時は突然来るもので、ちっとも当りが出なかったのに、リーチを言う間も なくビンゴだぁ、6等賞は手染め刺し子の巾着袋でありました\( ~∇~)/
散らし寿司に屋台のお蕎麦と、お腹は一杯、心も満足の大宴会は、早終了の 時間となり、カラオケグループはB1にレッツラゴー!
ここでも幹事のしんちゃん、びっくりさんが大活躍。
三脚で撮られた、しんちゃんの写真は、タノシミ、タノシミ('-'*)
びっくりさんの本格派歌唱には、ホントにびっくり(◎-◎;)!!
福岡チームはここでも大ハッスル(^.^;;
お陰で皆は、直ぐに和気藹々、とても初めて会う人とは思えないほど。
3時間に及ぶかという熱唱、また熱唱でも、疲れを知らないメロウさんは スゴイぞ!
懐かしさ、新鮮さ、温かさに、全国オフにかけた幹事さんの心意気も伝わ って、胸いっぱいの嬉しい気持ちで部屋に引き上げた倉敷の夜でした。

全国オフin倉敷写真  全国オフin倉敷写真  全国オフin倉敷写真
 

全国オフin倉敷写真  全国オフin倉敷写真  全国オフin倉敷写真
 

全国オフin倉敷写真  全国オフin倉敷写真  全国オフin倉敷写真



15日は快晴の倉敷、午前中はボランティアガイドさんの説明を聞きながら美観地区の観光をばと、しんちゃんの旗の下、参加者は「ウエルカム観光ガイド連絡所」に。 がぁ、お役所仕事のようで、午前9時にはチト早いと門前にて待ち惚け。
やがて、青い背広に胸マイクのオジサンがご登場、先ずは大原博物館へとメロウさんを案内して下さる。
館内は見ないが、ロダンの彫刻のある庭を歩きながら、大原さんの芸術への、はたまた倉敷への貢献について、得々と薀蓄を・・・ なんせ聞き上手な えーさん初めメロウの皆さんに囲まれて、延々と話は続くが足が進まないよぉ(#/__)/ドテ
大原美術館の敷地を抜け、亀遊亭から大原邸に、ここの瓦は当時のお金で何円でしたから始まり、松の木は樹齢400年、大原さんが当時の金子で幾ら幾らを出して石橋が出来たなど、薀蓄の限りを傾けてくださる(^.^;; 旅館カモ井、考古館と、牛の歩みで、やがて中橋を渡って陶慶堂に来る頃には、残りの時間配分に心配が出る程(-"-;) 相当我慢のしんちゃんも、業を煮やして「もうガイドさんは断りまひょか? ガイド無しでよい方は適当に歩かれていいですよ」って ヾ(´▽`;)ゝウヘヘ
シメシメとばかり甘辛&あんみつは、「陶慶堂」で備前焼のビアグラスを買って、ガイドさんとサヨウナラ(^。^;;  中橋から川下りと決め込んだ我ら、川から眺める美観地区はまた格別とウキウキ、岸を歩くメロウさん達をパチリとカメラに('-'*) お昼にはホテルに戻り、アイビースクエアまで足を伸ばしたガイド組も皆集まって、お別れ会場に。
ここでも十分に練られた幹事さんの差配も宜しく、美味しい懐石御膳に預かり、身も心も満腹の幸せ\( ~∇~)/
和気藹々、親睦を深めるうちに早お別れの時間、観光バスに乗る組、福岡に帰る組、個人で帰る組と、ホテルの前でお名残惜しくもサヨーナラー (^o^)/~~ オプションツアー参加組は、午後の倉敷を抜けて一路 鷲羽山に向かったのであります。

全国オフin倉敷写真  全国オフin倉敷写真  全国オフin倉敷写真


観光バスのメロウなお客さんに似合って、ガイドさんもメロウ年齢(^.^;;ホヘ
でもそんな事は取るに足りないよお立会い、瀬戸内海屈指の展望地、景勝地と言われる鷲羽山、いやはやその景観に大感激!
この瀬戸大橋が夕映えに染まる頃の瀬戸の海は、いかに素晴らしいものか、想像に難くない。
日中ではあるけれど、良いところを選んで下さった幹事さんに喝采\( ~∇~)/
と景観に見入っていると、あれまぁ、ホテルでさよならした福岡組が居るじゃぁありませんかw(゜o゜)w オオー!
何と彼らも特別仕立てのバスで帰路、鷲羽山に寄ったとか(^.^;;
さらに「お啓さんのご主人で〜す!」と黄色い声がぁ・・・
お啓さんも息子さんのところに寄るからとホテルで分かれた筈なのに、どってご主人がここに ?(゜_。)?(。_゜)?
ま、色々あらーね、って事で、お啓さんのダンディ父さんを囲んで一騒ぎ( ^∇^) 福岡組とはここで再び、サヨナラね〜 (^-^*)/~~
さて、いよいよバスは瀬戸大橋を渡って与島へ。 与島の直ぐ横にあるお鍋を伏せたような鍋島(見た通りじゃ (*^^*) )は無人島ながら、立派な灯台持ち(^.^;; でもってその灯台を舞台に「喜びも悲しみも幾年月」が撮られたというガイドさんの説明に、そう言えば懐かしいなぁ、見に行ったよなぁ、などと感傷にふける間もなく、バスは与島に到着。 与島ではお土産購入の「時間ですよ!」とばかり、みやげ店内を物色。 「試食がないよっ!」なんていう煩いオバンに、店の人もつい景気良く「タコ丸焼き」なんて開けて振舞うから、こりゃ買わにゃぁなるまいと・・・(-"-;) 人につられて「むらすずめ」やら「たこ丸焼き」やら買い込むは、甘辛さん(^--^#)
更に足を延ばして岡山は後楽園に向かうバスでは、飲み物が振舞われ、またまた幹事さんの心遣いを感じて、涙がチョチョギレル〜 (^。^;)
さて、遂に来ました後楽園、入場券は何処で配られるのかとウロウロしてると、65歳以下は自分で入場券買うておくれだって ヘ(#)ノアイタッ そう言えば、そういうお約束でござった(--)
僅かな額の入場券で、それは綺麗に整備された後楽園に、またまた感激! 以前に来たことあるのに、メロウさんと一緒に歩く園内は、また格別の趣(^.^;;
遡れば江戸時代、岡山藩主の池田綱政が造った「大名庭園」が後楽園。 後楽園・偕楽園・兼六園は日本三大名園との説明に、納得の素晴らしさ!
中でも後楽園は築庭当時の姿をほぼ残してるとか(◎-◎;)!! しっとり佇む延養亭から優雅に流れる曲水も、飛び石を渡るメロウさんには、おっかなびっくり(^∇^)アハハハハ!
お嫁さんの前撮りを見たり、お茶屋で名物きび団子をほうばったりと、何をしても楽しい番茶も出端の娘宜しく、ハシャいでるのは誰 ヾ(´▽`;)ゝウヘヘ 楽しい時は瞬く間に流れるのは世の常なれど、早お別れの時間となりました。
下電バスはメロウさん達の抱えた暖かな胸を、心地よく揺らせて、渋滞もなく岡山駅に到着したのでありました。
三々五々、帰路につくメロウさんは、どのお顔も幸せに満ち足りた、それは良いお顔でありました。
これだけのオフを企画実行してくださった担当幹事さん、本当にありがとうございました(^ー゜)ノ

全国オフin倉敷写真  全国オフin倉敷写真  全国オフin倉敷写真




全国オフin倉敷集合写真

                                          



Copyright Mellow-club Since : Nov. 1999